1. TOP
  2. 【糖尿病はすい臓がんのリスクが高くなる⁉】すい臓がんの症状や検査、治療まで一挙公開

【糖尿病はすい臓がんのリスクが高くなる⁉】すい臓がんの症状や検査、治療まで一挙公開

がん 糖尿病 血糖値
この記事は約 15 分で読めます。 34 Views

すい臓は成人で約15㎝、位置としては、おなかの深いところにあり、胃や十二指腸、小腸、大腸、肝臓、
胆のう、脾臓などのうしろにかくれているので、すい臓がんを意識して検査をしなければ発見しにくい
がんなのです。

どの部位のがんも同様ですが、すい臓がんは早期発見が重要です。
とはいえ、進行も早く、消化器がんの中でも手ごわいがんの一つなのです。

ここでは、糖尿病とすい臓がんの関係やすい臓がんの症状、検査、治療について説明していきます。

すい臓がんとは…

%e6%b4%8b%e3%83%8a%e3%82%b7
すい臓にできるがんのうち90%以上はすい管の細胞にできます
これをすい管がんといいますが、すい臓がんは通常このすい管がんのことをさします。

すい臓は洋ナシを横にしたような形をしていますが、すい管はこの細長いすい臓をつらぬいてあみの目の
ように走るほそい管です。

すい臓は、すい頭部、すい尾部、まん中がすい体部の3つの部分にわけられ手術をするときは、
がんのある位置やひろがりによって、これらのどこを切除するかが決められます

すい臓の働き

すい臓は外分泌と内分泌の役割をしています。
【外分泌の役割】
食べたものの消化を助けるすい液をつくります。
<すい液の流れ>
作られた膵液

主すい管という一本の管に集められる

総胆管(肝臓でつくられた胆汁が流れてくる)と合流する

十二指腸にながれ分泌され、消化をおこなう。

【内分泌の役割】
インスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホルモンを産生します。

糖尿病とすい臓がんの関係、危険因子

%e5%a5%b3%e6%80%a7%ef%bc%93

すい臓がんをおこす危険因子としては、糖尿病、慢性すい炎、喫煙などがあげられています。

高血糖とすい臓がん

国内データにより、慢性的な高血糖状態の人はすい臓がんのリスクが高いというデータがあります
また糖尿病と判断されない血糖値であっても、がんのリスクは高くなるといわれています。

高血糖の状態が続く

すい臓につねに負担がかかる

すい臓が疲弊(ひへい)している状態がつづく

なんらかのリスクが重なる

すい臓がんになってします。

糖尿病の発症や糖尿病治療中の症状の悪化が診断のきっかけになることが多いのです。

すい臓がんの症状

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9

すい臓がんは早いだんかいでは特徴的な症状はありません。

すい臓がんの人が受診した理由とは…

・胃のあたりや背中がおもくるしい。

・なんとなくおなかの調子が悪い。

・食欲がない。

・体重がへった。

このようなばくぜんとした症状が多いのです。

すい臓がんに関連のある症状

糖尿病が急激に悪化することもあります。

血糖のコントロールが悪くなることもあります。

がんで胆管がつまると…

皮膚や白目が黄色くなる黄疸がでることがあります。

黄疸がでると体がかゆくなる、尿の色がこくなることがあります。

すい臓がんの検査

%ef%bc%93%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9

すい臓がんの診断とがんの広がりをしらべるために、腹部超音波、CT、MRI、MRCP
(場合によってはERCP)、超音波内視鏡検査(EUS)などのいくつかの検査を病状などに
あわせておこないます。

腹部超音波(エコー)検査

ばくぜんとした消化器の症状がある人にたいしては、まず腹部超音波や内視鏡、胃のX線検査などを
おこなって、胃炎、胃潰瘍、胆石などの一般的な消化器の病気がないかをしらべます。

※腹部超音波検査では、すい臓を観察することもできますが、患者の体型や状態、部位によってはみえにくい場合もあります。

CT検査、MRI検査

・腹部超音波検査で異常がうたがわれる場合

・異常がはっきりしない場合

・症状や血液検査などのデータからすい臓や胆管などの病気の可能性がある場合
これらにあてはまれば、CTやMRIでのさらに精密な検査をします。

CTは、X線で体の内部をえがきだして、病変の状態や周辺の臓器へのがんの広がり、転移の有無をしらべます。

とくに最近は画像の分解能力にすぐれたマルチスライスCTなどのあたらしい画像診断がおこなわれる
ようになっています。

CTではヨード造影剤を使用するので、ヨードアレルギーの人は前もって医師につたえておきましょう。

また、MRIでは磁気を使用します。
MRIではガドリニウムという造影剤がつかわれますが、ぜんそくやアレルギー体質の人は副作用のおこる危険が高くなるので、医師につたえておきましょう

超音波内視鏡検査(EUS)

異常のある部分を詳細にしらべるための検査です。
超音波装置のついた内視鏡をいれて、胃や十二指腸のなかから、すい臓などの臓器に超音波をあてて
病変の状態や周囲への広がりなどをみる方法です。

体外からの超音波検査にくらべ、より詳細な観察が可能になります
腫瘍の組織をしらべるために、針をさして腫瘍の細胞を採取する穿刺吸引細胞診(せんしききゅういんさいぼうしん)をおこなうこともあります。

内視鏡的逆行性胆管すい管造影(ERCP)

(ないしきょうぎゃっこうせいたんかんすいかんぞうえい)

内視鏡を口からいれて十二指腸までおくりこんで、そのなかにカテーテル(ほそい管)をいれて
すい管までとおします。
そこに造影剤をいれてX線撮影をおこなう検査です。

・すい管のなかに超音波装置をそうにゅうするすい管内超音波検査(IDUS)

・すい管内の細胞を採取する検査がおこなわれることがあります。

・合併する黄疸や胆管炎にたいする治療としておこなわれることもあります。

※これらの検査はすい炎などの合併症をおこすことがあります。

MR胆管すい管撮影(MRCP)

MRIをつかって胆管やすい管の状態をしらべる検査です。
内視鏡や造影剤をつかわないので、患者の負担が少なくてすみます。

内視鏡逆行性胆管すい管造影とおなじような画像をえることができるので、代用として
おこなうことが多くなってきています。

PET検査

放射性フッ素をふかしたブドウ糖液を注射して、そのとりこみ分布を撮影することで
全身のがん細胞を検出します。

PETをもちいてもすい臓がんを早期に診断することは困難です。

【どのような診断で使うの?】
・膵炎とのかんべつ
・すい臓がんを手術した後の再発診断に用いられることがあります。

血管造影(ぞうえい)検査

場合によっては、足の付け根の動脈からほそい管をさしこんで、すい臓やその周辺にむかう動脈に
造影剤をいれて、血管の状態や病気による変化をしらべます

経費経肝胆道造影(PTC)

(けいひけいかんたんどうぞうえい)

黄疸があるときにおこなう検査で、胆管をX線撮影します。

皮膚のうえからちょくせつ肝臓をつらぬいて胆管内に針をさします。

針をとおしてチューブを胆管に挿入します。

造影剤をいれます。
胆管がどこでつまっているかをしらべることができます。

腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとは、体のどこかにがんが潜んでいると異常高値をしめす血液検査の項目のことです。

がんの種類におうじて多くの種類があります。
【すい臓がんの腫瘍マーカーの種類】
CEA(しーいーえー)、
CA19-9(シーエーナインティーンナイン)、
SPan-1(スパンワン)
DUPAN-2(デュパンツー)
CA50(シーエーフィフティ)

腫瘍マーカーは、かならずしも早期にすい臓がんを発見できるわけではありません

病期(ステージ)

病期(ステージ)とは、がんの進行の程度をしめすことばです。
病期は、がんの大きさや広がり、リンパ節や別の臓器への転移があるかどうかによって
きまります。

基本的に病期によって治療方法をせんたくしますが、かならずしも治療前のステージが正しいとはかぎりません。

手術をおこなって摘出した組織の検査結果が、術前の病期診断と一致しないこともあるからです。
その場合は、組織検査の結果にしたがって、その後の治療を選択します。

すい臓がんの病期分類

【がんの大きさが2㎝以下ですい臓内でとどまっている】

リンパ節への転移がない…ステージⅠ

1群リンパ節までの転移がある…ステージⅡ

2群リンパ節までの転移がある…ステージⅢ

3群リンパ節までの転移がある…ステージIVb

がんが遠くのリンパ節や臓器に転移している…ステージIVb

【がんの大きさが2㎝を超えすい臓内でとどまっている】

リンパ節への転移がない…ステージⅡ

1群リンパ節までの転移がある…ステージⅢ

2群リンパ節までの転移がある…ステージⅢ

3群リンパ節までの転移がある…ステージIVb

がんが遠くのリンパ節や臓器に転移している…ステージIVb

【がんはすい臓の外へでている】

リンパ節への転移がない…ステージⅢ

1群リンパ節までの転移がある…ステージⅢ

2群リンパ節までの転移がある…ステージIVa

3群リンパ節までの転移がある…ステージIVb

がんが遠くのリンパ節や臓器に転移している…ステージIVb

【がんは腫瘍な血管や隣接する臓器に広がっている】

リンパ節への転移がない…ステージIVa

1群リンパ節までの転移がある…ステージIVa

2群リンパ節までの転移がある…ステージIVb

3群リンパ節までの転移がある…ステージIVb

がんが遠くのリンパ節や臓器に転移している…ステージIVb

※1~3群リンパ節:リンパ節をがんのある場所からどのくらい離れているかによって分類して
います。近いものから1群、2群、3群とよびます。

ステージ0(非浸潤かん)…5年生存率はほぼ100%

ステージⅠ…5年生存率は57%

ステージⅡ…5年生存率は44%

ステージⅢ…5年生存率は24%

ステージIVa…5年生存率は11%

ステージIVb…5年生存率は3%

すい臓がんの治療

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b96

すい臓がんの標準的な治療法は、手術(外科治療)化学療法(抗がん剤治療)放射線治療です。

がんの広がりや全身状態などを考慮して、これら1つ、あるいはこれらを組み合わせた治療(集学的治療)
が行われます。

がんがすい臓にとどまっている場合

手術単独、あるいは、手術と補助療法(通常は化学療法)を組み合わせておこないます。

・がんが大事な血管をまきこんでいる場合
・他の臓器に転移して手術ができない場合

放射線治療化学療法がおこなわれバイパス手術を組み合わせる場合もあります。

※すい臓がんは早期発見がむずかしく、診断されたときには進行していることが多いため、
手術単独で治療することは多くはありません。

手術(外科治療)

すい臓がんの治療の中でもっとも治療効果が高いものは手術です。

がんをふくめてすい臓と周囲のリンパ節などを切除します。

手術適応の条件
・肝臓や肺などへの転移がない

・腹膜播種(ふくまくはしゅ)ではない
腹膜播種とは→おなかのなかにがんが広がっている状態

・重要な臓器に栄養をはこぶ大きな血管にがんが広がっていない
手術は、すい臓がんの位置やひろがりによって次の方法が選ばれます。

すい頭十二指腸切除

すい頭部を中心にがんがある場合、十二指腸、胆管、胆のうをふくめてすい頭部を切除します。

切除後

すい臓、胆管、消化管の再建(切除した部分をつくり直す)が必要になります。

・がんが胃の近くにある場合は、胃の一部も切除することがあります。

・血管にがんが広がっている疑いがあるときは、その血管の一部もふくめて切除、再建します

すい体尾部切除

すい体尾部のがんの場合、すい臓の体部と尾部を切除します。
通常、脾臓も摘出します。
切除後の消化管の再建は必要ありません。

すい全摘術

がんがすい臓全体におよぶ場合はすい全摘術がおこなわれます。
ただし、すい全摘はすい臓の機能がまったく失われてしまい、体への負担が大きいので、
切除による治癒がきたいできない場合にはおこなわれません。

術後は、血糖をコントロールするためにインスリンの注射が必要となります

バイパス手術

がんを切除することができない場合つぎのような手術がおこなわれます。
消化管バイパス手術…十二指腸がふさがって食事がとれなくなるのを防ぐために胃と小腸をつなぎます。

胆道バイパス手術…胆汁の流れをよくするために胆管と小腸をつなぎます。

手術後の栄養管理

脾臓の摘出

食物の消化をコントロールする酵素の分泌に影響がでます。

消化や栄養素の吸収に問題がおこる可能性があります。

酵素を補充することが必要となります。

※術後は一回の食事量がへってしまうことがあります。
食事の回数をふやしたり、よくかんで食べて消化吸収をよくするなどの工夫が必要です。

化学療法(抗がん剤治療)

化学療法をおこなうのは、どんなとき?

・血管をまきこんでいるとき。

・転移があったりして手術でがんを取り除くことができないとき。

・再発した場合。

化学療法には、どんな効果がある?

・疼痛(とうつう)などの症状をやわらげる効果があります。

・生存期間を延長する効果があります。

術後補助化学療法とは?

手術後の治療にもちいられる化学療法のことをいいます。

すい臓がんを取り除いたあとに、一定期間、化学療法をうけることで再発しにくくなったり
生存期か間が延長することがあきらかにされています。

抗がん剤の副作用

抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞にも影響をおよぼします。
・毛根(髪の毛)

・口や消化管などの粘膜

・骨髄など新陳代謝のさかんな細胞が影響をうけやすいです。

(症 状)
脱毛

口内炎

下痢

白血球の減少や血小板の減少

吐き気

動悸や不整脈(心臓への影響)

肝臓や腎臓に障害がでることがあります

現在では、抗がん剤の副作用による苦痛を軽減する方法の開発がすすんでいます。
副作用がいちじるしい場合は治療薬の変更や治療の休止、中断などの検討も必要になります。

放射線治療

高エネルギーの放射線を患部にあててがんをコントロールする治療です。
がんがすい臓のまわりの主要動脈などにひろがっていて手術ができない場合におこなわれます。

化学療法とくみあわせることで放射線の効果をたかめることが期待できるので、化学療法と併用される
ことが多く、その場合は化学放射線療法とよばれます。

化学放射線療法は、がんが進行し、手術ができない場合の標準治療の一つとして推奨されています。

放射線治療の副作用

放射線治療の副作用は、主として放射線がされた部位におこります。
症状は部位や照射量によってことなります。
(一般健康な副作用)
・吐き気、嘔吐
・食欲不振
・血液中の白血球の減少
・まれに胃や腸の粘膜があれて出血し、黒色便がでたり下血することがあります。

※最近は、コンピューターによって照射部位を限定して放射線をかけられる技術が進歩していて、
腸などの消化管への副作用をへらすことができるようになりました。

ステント留置術

たまった胆汁を体外に排泄するためにおこなわれる処置で、「胆道ドレナージ」といわれ方法は
経費経肝胆道(けいひけいかんたんどう)ドレナージ内視鏡的胆道(ないしきょうてきたんどう)
ドレナージ
の2種類あります。

.経費経肝胆道(けいひけいかんたんどう)ドレナージ
皮膚から肝臓をかいして胆管にステント(プラスチック製あるいは金属製の管)を留置する
方法です。

.内視鏡的胆道(ないしきょうてきたんどう)ドレナージ
内視鏡をつかって胆管にステントを挿入する方法です。

通常は体へのふたんが少ない内視鏡的胆道(ないしきょうてきたんどう)ドレナージが推奨されています。

なぜ胆汁がたまるの?

がんによって胆管がふさがって、胆汁のながれがさえぎられてしまうからです。
そうなることによって、黄疸(おうだん)が生じます。

たまった胆汁に細菌が感染すると胆管炎になります。
(胆管炎の症状)
・寒気や高熱
・ショックとよばれる急激な血圧の低下をひきおこすことがある。

黄疸や胆管炎の影響で手術や化学療法ができなくなる場合があります

免疫細胞療法

%ef%bc%95%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9
免疫細胞を活性化させがん細胞をたたく「免疫細胞療法」というものがあります。

自分の免疫細胞を体外で培養して活性化させ、体内にもどすことでがん細胞に確実な攻撃をしかけて
がんの進行をそしする治療法です。
すでにさまざまなタイプの治療法が確立していますが、手術、抗がん剤治療、放射線治療などの
標準治療と併用することで、副作用や体力低下などのデメリットを補いつつ、相乗効果がきたいできる治療法です。

すい臓がんにたいしては温熱療法や免疫療法などが試みられていますが、まだまだ「臨床試験的」に
実施されていることが多く、臨床試験にはいろいろ種類があり、参加できる条件もことなっています。
検討できるものがあるかどうかは医師との相談してください。
ここでは、4種類の免疫細胞療法を紹介します。

免疫チェックポイント阻害療法

免疫細胞には攻撃をとめてしまうストップボタンのようなものが備わっています。
免疫細胞から攻撃をうけているがん細胞がストップボタンを押す。

免疫細胞が攻撃をやめる。

がんが増殖、進行してしまう。
というふうにがん細胞が増殖してしまうのですが、免疫チェックポイント阻害剤を投与して、がん細胞がストップボタンをおせなくなってしまうようにする治療法です。

どのがんに効果があるのかを明確にしめす臨床データがまだ十分ではないものの、メラノーマや
肺がん、腎臓がんには十分に高い効果をあげています。

高活性化NK細胞療法

ウイルスに感染した細胞や、がん細胞をターゲットに殺傷するという役割をもつNK(ナチュラルキラー)細胞を細胞培養してふやして活性化したものを点滴で体内にもどす治療法です。
標準的なすい臓がん治療が困難なものにもよいとされていて副作用もないといわれています。

樹状(じゅじょう)細胞療法

樹状(じゅじょう)細胞とは、外敵を体内から完全に排除するまではたらくT細胞に敵の情報をつたえる役割をもった司令塔のような細胞です

この細胞を中心とした抗腫瘍(こうしゅよう)免疫力を最大にたかめることで、がん細胞を消失させることを
ねらった治療法です。

自家がんワクチン療法

初期のがんで手術ができた後の再発、転移の予防に最適とされる治療法です。
手術でとってきたがん組織をつかってワクチンをつくり、それを3回にわけて皮内注射で投与し、
そのがんに対する特異的な免疫システムを構築することで再発、転移をふせぎます。

手術後の経過観察と検査  %e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a8

すい臓がんは切除可能なものでも早期に再発しやすいがんです。
CTや腫瘍マーカーなどのチェックをつづけ、少なくとも術後5年間は定期的な通院が必要となります。

すい臓を切除することで糖尿病を発症したり、もともとあった糖尿病を悪化させる可能性も
あります。

転 移

転移とは、がん細胞がリンパ液や血液のながれにのって他の臓器に移動し、そこで成長したものを
いいます。

がんを手術で全部切除できたようにみえても、その時点ですでにがん細胞が別の臓器にいどうしている
可能性があり、手術した時点ではみつけられなくても、時間がたってから転移としてみつかることが
あります。

すい臓がんは、がんが小さいうちからすい臓の周囲にひろがったり、とくに肝臓などに転移しやすい性質が

あります。

早い時期から転移をおこすこともすい臓がんが治りにくい一因とかんがえられています。

再 発

再度手術できる場合はまれで、化学療法や放射線治療、痛みや食欲の低下といった症状におうじた
治療などが一般的です。

すい臓がんが、切除可能な場合でも術後早めに再発することが多いがんです。
再発といっても、それぞれの患者で状態はことなります。

転移が生じている場合には治療方法も総合的にに判断する必要があり、状況におうじての治療や
その後のケアが必要となってきます。

ライター紹介 ライター一覧

hamamoto

hamamoto

医学の大好きなHAMAMOTOです。
病気や健康について、皆さまに分かりやすく紹介していきたいと頑張っています!(^^)!
現在、鍼灸治療院を経営し、皆さまの健康にたずさわっています。
平成13年に整体師として治療院をしつつ、平成16年にアロマコーディネーターの
資格を取得しました。
鍼灸治療院を開業したのは、2016年5月ではございますが、患者さまの治療と
皆さまへの健康にかんする情報発信に頑張っていきたいと思っています!
鍼師免許 第171865号
灸師免許 第171571号
ウェブサイトURL:http://health-life.tokyo/
メールアドレス:koume3086@gmail.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【男性不妊に効果のある栄養素】精子の状態を良くするには…

  • 【肝臓とウコンの関係】肝臓の健康を守ろう!

  • 体外受精(IVF)とは?内容や費用、期間など

  • 【子宮内膜を厚くする方法】薄い原因は?厚くする食べ物やサプリ、治療法について

関連記事

  • 【死の四重奏・生活習慣病】将来的に命に関わる病気は「メタボリックシンドローム」が引き起こす!

  • 食べ物をつかった血糖値養生の知恵袋

  • 【胃がんの基礎知識】症状やステージ、治療法を紹介します。

  • 【がん治療とリンパ浮腫】治療や対処法、合併症を紹介します。

  • 肺がんの症状や、ステージ、検査、治療を紹介しています。

  • 糖尿病の診断基準・病気の本質・怖い合併症