1. TOP
  2. 【激痛をともなう痛風】痛風の原因や症状、尿酸値を改善するポイントを紹介しています。

【激痛をともなう痛風】痛風の原因や症状、尿酸値を改善するポイントを紹介しています。

脳血管障害 血糖値 高血圧
この記事は約 7 分で読めます。 17 Views

痛風発作は、尿酸が体内にたまり、それが結晶になって関節に激しい痛みをおこす疾患です。
風に吹かれても痛いとこから痛風と名がつけられたほど、その痛みは激しいものなのです。
生活習慣や食生活を変えずにいると、発作を繰り返すことになり、発作の感覚も短くなってくるので
そのようにならないためにも、尿酸値の改善にとりくみましょう!

痛風と高尿酸血症の関係

尿酸とは、食べ物に含まれるプリン体という成分の老廃物のことです。
通常、体内では㏠約0.6gの尿酸が産出されますが、体外への排出が追いつかなくなると尿酸は体内に
蓄積します。この状態が「高尿酸血症」とよばれ、血液検査で発見できます。

高尿酸血症(血清尿酸値が7.0mg/dlをこえた状態)が長く続く

蓄積した尿酸が結晶化する

関節部などにたまって炎症をおこす

激痛をともなう発作(痛風発作)

高尿酸血症を放置すると…

尿酸値が高いだけでは、自覚症状はありませんが、ほっておくと突然の痛風発作がおきます。
そして痛風発作は繰り返され、関節周囲に痛風結節とよばれるコブが発生することもあります。

このような症状があらわれるまでになると、プリン体を排出する臓器である腎臓に負担がかかり、
組織が破壊されて腎機能の低下がみられるようになるのです。
また、血清尿酸値のたかい人は、心血管障害、脳血管障害のリスクがたかくなるといわれています。

高尿酸血症の数値と対処方法

尿酸値の数値 対処方法
7.0mg/dl以下 正常値。今後も正しい食習慣を
7.1~8.0mg/dl イエローカード。生活習慣の改善を
8.1~9.0mg/dl 専門医に受診し、生活習慣の改善を
9.1mg/dl以上 レッドカード。ただちに専門医に受診し治療を

※尿酸値が高いだけなら、泌尿器科で痛風発作で関節の痛みがある場合は整形外科に行きましょう。

尿酸値が高くなく原因

遺伝と環境の両方が関係します
腎臓機能の低下、排泄障害、肥満、アルコールの多飲、プリン体の過剰摂取などの生活習慣も要因として
あげられます。

肥満も食事療法もパーフェクト、お酒も飲まないというのに、尿酸値が下がらない。
そんな場合は、現在服用しているお薬に注意してみるといいかもしれません。
薬剤のなかには、降圧薬やアスピリンなど、尿酸値を上げる作用のあるものもありますので
注意が必要です。

痛風発作の症状とは…

最初の発作では、足の親指付け根部分に激痛がおこることが多いといわれています。
痛みは、膝から下におきることが多く、半数以上が足の親指付け根に生じます
そのほかの部位としては、かかと、足の甲、くるぶし、アキレス腱、ひざ
上半身では、ひじ、肩、指の関節

通常、痛みが始まって2~3時間がたった頃から、痛みがある関節が赤く腫れあがってきます。

激しい痛みが24時間ほど続いた後、徐々にやわらいでいきます。

10日くらいで痛みがなくなることが多いです。

炎症をおさえる薬を服用することで比較的はやく症状は緩和できますが、生活習慣や食習慣を
変えずにいると、発作をくりかえすことになり、発作の間隔も短くなってきます。

尿酸値を改善するポイント

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9
高尿酸血症といえば、食品に含まれる「プリン体」が悪者にされがちですが、じつは食事からの
プリン体の摂取が原因で高尿酸血症になることはほとんどないということが、最近の研究によって
あきらかになっているのです。
食品からとるプリン体が全体の2~3割、体内で合成されるプリン体が全体の7~8割といわれています。

しかし、すでに高尿酸血症になってしまっている場合には、尿酸値をあげる原因となる食品摂取の制限
などのコントロールも必要です。

ちなみに、尿酸値もほかの数値異常とおなじように、肥満と深いかかわりがあります
たとえば、肥満の人は尿酸の体外への排泄が抑制されることになるため、尿酸値が上昇する傾向にあります。

肥満を予防・改善する食事を心がける

尿酸値をあげる原因となるプリン体の多い食品の摂取制限

尿酸値のすみやかな改善の実現

脱水の予防

尿酸は水に溶ける成分のため、体内で発生した尿酸は尿と一緒に排泄されます。

体内の水分量が不十分

尿量の減少

尿酸も体外へと排出されずに蓄積

尿酸値が高めの人は大量に汗をかいたときに痛風発作をおこしやすいというのは、水分不足による尿量の
減少が原因となっていることが多いのです。

対  策
体が脱水状態に陥ることを防ぐため、のどがあまり渇いていなくても定期的に水分をとる習慣をつける
ことです。

ただし、清涼飲料水は糖が多いうえ、異性化糖によって甘味をつけているものが多く、血糖値異常を
誘発する危険性があるので飲みすぎは厳禁です。
水分補給は基本、水やお茶で補給することです。

※異性化糖とは…
とうもろこしのでんぷんを酵素処理した甘味料で、普通の砂糖よりも甘味が強いことが特徴です。
血糖値を上昇させないという特徴がある一方で、ブドウ糖より体内での吸収スピードが速いため、普通の
甘味料よりも余剰分が中性脂肪になりやすく、内臓脂肪をふやしてしまいます。

プリン体の多い食品

非常に多い食品
300mg以上/100g。
とりレバー、マイワシの干物、イサキ白子、あんこう肝、干ししいたけ、カツオ節など

多め食品
200~300mg/100g。
豚レバー、牛レバー、マアジの干物、サンマの干物、カツオ、マイワシ、大正エビなど

プリン体の少ない食品

少なめの食品
50~100mg/100g。
豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛たん、ハム、ベーコン、ほうれん草、カリフラワー、
うなぎ、ワカサギなど

非常に少ないおすすめ食品
50mg以下/100g。
コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、数の子、スジコ
ウインナーソーセージ、豆腐、牛乳、とうもろこし、じゃがいも、さつまいも、米飯、パン
うどん、そば、果物、きゃべつ、トマト、にんじん、大根、白菜、海藻類など

食事からのプリン体はそれほど問題ではないにしても、高尿酸血症と診断された場合には、やはり
プリン体の多いメニューは控えるほうが数値の悪化は防止できます。

「プリン体の多い食品=食べてはいけない」ということではなく、毎日、大量に食べなければいいと
考えるくらいで大丈夫です。(㏠の摂取目安としては、400mg以内でおさめたいところです。)

ちなみに、干ししいたけ、カツオ節のような乾物にかんしては、乾物のままの重量なので、実際に調理を
するときには非常に少量になるため、あまり食べる量に神経質になる必要はありません。

尿をアルカリ性に保つ

尿酸を排出しやすくするためには、尿をアルカリ性にしておかなければいけません。
尿は酸性に傾くほど尿酸を排出しにくくなるのです

尿をアルカリ性にするには、ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルが豊富な
食品をたべることが効果的です。
海藻、きのこ、イモ類、大豆、大豆製品、くだもの、野菜など

尿を酸性にしてしまうあまりとらないほうがいいものは、リンや硫黄を含む食品です。
外食が多い人、加工食品や肉を多く食べる人は酸性に傾きやすいのです。
そのような人は、アルカリ性食品をより積極的に食べるように心がけましょう。

効果的な減量のめやす

1カ月に体重の3%を減らすことを目標にしてください。
あるいは、今とっているカロリーを㏠あたり500Kcal減らします。
70kgの人なら月に2.1kg減量するのがめやすです。
急なダイエットは尿酸の排泄をさまたげ、尿酸値を上げることがあります

尿酸値を改善する食事のポイントのまとめ

・エネルギーをとりすぎないようにする。

・定期的な水分補給を心がけましょう。

・㏠1食はタンパク質源となる食品のなかでもプリン体の比較的少ない豆腐を食べる。

・野菜、果物、イモ類、乳製品はプリン体を多く含まないので、積極的に食べる。

尿酸値の高い人は、血糖値や血圧、脂質代謝に異常がみられる、いわゆるメタボの人が多いため、
プリン体と同じくらい、塩分、脂っこい総菜、炭水化物のとりすぎには気をつけましょう。

ライター紹介 ライター一覧

hamamoto

hamamoto

医学の大好きなHAMAMOTOです。
病気や健康について、皆さまに分かりやすく紹介していきたいと頑張っています!(^^)!
現在、鍼灸治療院を経営し、皆さまの健康にたずさわっています。
平成13年に整体師として治療院をしつつ、平成16年にアロマコーディネーターの
資格を取得しました。
鍼灸治療院を開業したのは、2016年5月ではございますが、患者さまの治療と
皆さまへの健康にかんする情報発信に頑張っていきたいと思っています!
鍼師免許 第171865号
灸師免許 第171571号
ウェブサイトURL:http://health-life.tokyo/
メールアドレス:koume3086@gmail.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【男性不妊に効果のある栄養素】精子の状態を良くするには…

  • 【肝臓とウコンの関係】肝臓の健康を守ろう!

  • 体外受精(IVF)とは?内容や費用、期間など

  • 【子宮内膜を厚くする方法】薄い原因は?厚くする食べ物やサプリ、治療法について

関連記事

  • 妊娠力を向上、維持させるための6つの方法(その4 ストレス編)

  • 【頭部外傷の基礎知識】種類や症状、後遺症を紹介しています。

  • 【後遺症をのこすインフルエンザ脳症】症状や危険性、飲んではいけない薬を紹介しています。

  • 【3大認知症とは⁉】脳血管障害からなるものや若くてもなる可能性のある認知症を紹介しています。

  • 【寝たきりの原因疾患の第1位の脳梗塞】脳梗塞の前兆、3つのタイプの原因や症状、合併症について説明しています。

  • 脳腫瘍の種類や症状・治療法を紹介しています。