1. TOP
  2. 【高血圧の基礎知識入門】基本を知り見える危険性と改善方法

【高血圧の基礎知識入門】基本を知り見える危険性と改善方法

高血圧
この記事は約 12 分で読めます。 6 Views

 高血圧の患者は日本に43000万人もいる試算もあるほどの「国民病の1つ」で、「万病のもと」と言われている代表的な病気です。実際の所、日本人は高齢になるほど高血圧になる傾向があり、だれでも高血圧にかかる可能性があります。

 また高血圧は「3大疾患」とも呼ばれている日本人の死因ワースト3である「がん、心臓病、脳卒中」のうち、心臓病脳卒中に密接なかかわりのある病気でもあります。ということは、命にかかわる病気を引き起こす可能性が比較的高い病気なのです。

 ですが、高血圧はそれ自体に自覚症状がないために、なかなかその危険性を自覚できない病気でもあります。実際の所、
病院での治療をスタートする時点で、かなり症状が進行しており厳しい状況にある患者さんも少なくないようです。

 また、高血圧が深刻な病である心臓病や脳卒中などのほか、慢性的に腎臓に負担をかけて、長いあいだ腎臓病を患ってしまうケースも少なくないようですね。しかし、高血圧であったり血圧が高めだからといってあきらめることはありません。

高血圧は症状の悪化を防いだり治療していくことができる病気

 生活習慣病のひとつとされる高血圧は、食生活や運動などの生活習慣を改善することで、症状の悪化を防いだり、治療していくことができるのです。

 クスリによる治療も研究がすすんでいますので、患者さんへの負担が軽くて効果が高いものへと改良され続けられています。もっとも大切な所は、あきらめたりや飽きたり、深刻な状況になるということを忘れてしまわないで、信頼できる主治医と一緒に取り組んでいくことです。

 このサイトでは、高血圧の基本知識から最新の治療法、生活改善の方法などを分りやすく紹介していきます。高血圧に負けないで、楽しく明るく生活できるようなお役立ちが出来ればと思います。

そもそも血圧とは何ですか?

 よく「血圧が高い」といいますが、そもそも「血圧」とはどういう仕組みでなにのためにあるものでしょうか。

血液のはたらきは全身をネットワーク

体全体に広がる血液の道のり
 筋肉や全身の皮膚、それらをささえる骨など、私たちの体はさまざまな器官から構成されています。なかでも生命維持の根幹的存在が、心臓と血液です。手足や筋肉などふくめて体の細胞は60兆個もの小さな細胞から組織されています。そしてその一つひとつが活動するために、酸素や栄養が必要になります。

 また、それぞれの細胞が活動したときには、老廃物や二酸化炭素がたまります。そういった酸素や栄養を細胞に運び、老廃物や二酸化炭素を回収する役割をしているのが血液です。そしてその血液を全身に送る働きをしている器官が心臓であり、ポンプの役割をはたしています。

心臓は働き者

 心臓は200~300gほどの、人のにぎりこぶしほどの大きさしかありません。しかし、1分間に60~80回ほどの収縮を繰り返して、毎分6リットルもの血液を送り出している“働き者”です。

 このように心臓は全身に血液を送るため、収縮することで大量の血液を大動脈に押し出します。この仕組みは自転車の空気入れとタイヤのチューブの構造とよくにています。心臓が空気入れで、血管がチューブです。

血管の大切な働き

 自転車のタイヤに空気を入れるとき、空気入れを押すとチューブに空気が送り込まれて、中から空気圧がかかります。タイヤの空気圧をはかる時、タイヤに触れてその硬さで空気の入り具合を確かめたことがあると思います。

 心臓が収縮するときにそれと同様のことが血管ではおきていて、この仕組みが血圧の仕組みです。下記に私たちが生きていくために欠かせない血液の働きについて少し詳しく記載します。

酸素と栄養の供給路である大切な血管

 血液は、全身の細胞に酸素と栄養を運ぶ役割を果たしているのですが、血液はどうやって全身に運ばれるのでしょうか。血液の流れのスタート地点は心臓ですが、その心臓は右心系と左心系に分かれています。

血液に酸素を多く含ませるための肺循環(はいじゅんかん)

 心臓が収縮することで右心室から送り出された血液は、肺動脈を通って肺へとおくり込まれます。そして、肺の毛細血管をとおることで二酸化炭素を放出して酸素をとり入れます。そのあとは肺静脈を通って左心房へもどってきます。
 これが血液に酸素を多く含ませるための循環で、「肺循環(はいじゅんかん)」と呼ばれます。

肺から取りこんだ酸素を全身に送り届けるための体循環(たいじゅんかん)

 左心房へ戻ってきた血液は心臓の収縮とともに左心室へ入り、さらに大動脈から全身へと送られます。こちらは、肺から取りこんだ酸素を全身に送り届けるための循環で「体循環(たいじゅんかん)」と呼ばれます。
 全身をめぐることにより、各細胞で使われた血液は大静脈をとおって右心房に戻ります。そのあとふたたび肺循環へと送られます。

体循環でめぐる血液の行き先は多岐にわたる

 体循環でめぐる血液の行き先は多岐にわたります。すべての細胞がその生命活動を維持するために、酸素と栄養を必要としています。血液は動脈から毛細血管へと流れて酸素と栄養をはこび、また二酸化炭素と老廃物を回収して毛細血管から静脈へと流れて心臓にもどります。

 また、手を動かすなどのときには手の筋肉が動きます。筋肉はその時、酸素と栄養を使って活動し、あとには二酸化炭素と老廃物が作られます。ということは、“手を動かす”という活動を支えるためには、より多くの血液が運ばれなければなりません。
 また、食事をした後の消化器官のように自分で意識しないような体の活動でも、たくさんの酸素と栄養が必要になります。

血管メカニズムの理解を深めましょう

そもそも血管の中の圧力はどうして変るの?
 血圧についての言葉で、「収縮期血圧(最高血圧)」と「拡張期血圧(最低血圧)」を聞いたことがあるかたもいると思います。血圧は常に一定で正確に鼓動を刻み続けているわけではなく、心臓は、収縮と拡張を繰り返すことで大動脈に血液を送り出すことと、大静脈から血液を吸い込む仕組みになっています。

大動脈の収縮で血液を一定量にキープさせる

 心臓が収縮するときには、一度に約70mℓの血液が大動脈に流れ込みます。この時の圧力が「収縮期血圧(最高血圧)」です。この時に一番強い圧力がかかっています。しかし、心臓が拡張するときに血圧がなくなるわけではありません。大動脈というのは非常に弾力がある“やわらかいチューブ”のようなもの。
 心臓から送り出された血液は一度に流れていくのではなく、弾力のある大動脈が膨らむことで大動脈内に一定量が保たれます。

 心臓には弁がついているため、血液が逆流しない仕組みになっています。心臓が拡張するときにはその弁がふさがって心臓に血液が戻らないようにして、あわせて血管が自らの弾力で縮もうとすることで血液を全身に送り続けています。
 このときの血圧が「拡張期血圧(最低血圧)」です。

 大動脈は血液を送るためのパイプであると同時に、自らの弾力によって血圧の大きな変化を減らしつつ、それでいて血液を送り続ける役割を果たしている組織です。大動脈の動脈壁の弾性はとても強く、大静脈とくらべても厚みのある作りになっています。

血管が原因でも上昇する血圧

 血管は血液が流れるパイプであると同時に、心臓の収縮に合わせて伸び縮みすることで血圧を調整する役割も果たしています。ですが、状況によってはその血管自体が血圧を高くする原因となってしまうことがあります。

 血圧が決まる要素について改めて確認していくと、血圧は心臓から流れ出る血液の量と全身の血液の量、そして血管を通るときの抵抗で決まります。心臓から流れ出る血液の量を「心拍出量」といい、血管を通る時の抵抗を「血管抵抗」といいます。

・血管抵抗(けっかんていこう)

 血管抵抗は主に、末端の血管抵抗が問題となって来ることが多いですが、血液の粘性が高まって血液が流れにくくなったり、血管が細くなってしまったりすることで血管抵抗が高まります。

・心拍出量(しんぱいしゅつりょう)

 心拍出量が多くなると、より強い力で心臓が収縮しなければならないのでそれに比例して強い圧力がかかることになります。欠陥抵抗が高くなったり心拍出量が増えたりする原因は正確に解明されていませんが、動脈硬化がこれらに強く影響する要素だということが分かっています。

・動脈硬化(どうみゃくこうか)

動脈硬化とは、その名の通り動脈の欠陥壁が硬くなってしまう状態です。
 血管壁が硬くなると、大動脈が心臓の収縮にあわせ十分に伸び縮みできなくなり、伸縮期血圧が上昇して逆に拡張期血圧は下がります。
 そうすると、血液を送り出す力が弱くなることでそれを補うために心拍出量が増加します。また、動脈硬化によって血管が細くなったり、血液の戻りがわるくなり血管抵抗が高まると、心臓からより強い圧力で血液を押し出して必要な血液を全身に送ろうとします。
 結局このようなサイクルで血圧が上がってしまうのです。

動脈が弾性を失うと高血圧の要因に!

    収縮期

  1. 動脈が弾性を失う(硬くなる)と、動脈内に血液をためにくくなる
  2. 収縮期には、一気に圧のかかった血液が血管内を勢いよく流れ出る
  3. 拡張期

  4. 拡張期に硬い動脈は、血液を送り出す力が弱くなる
  5. 収縮期

  6. 心臓はそれを補うために心拍量を増やす

  7. 血圧の上昇を発生させてしまう。

血圧は1日中常に変動しています。

 「低血圧だから朝がつらい」と言う人がいますが、どうして低血圧だと朝がつらいのでしょうか。血圧の特性がそこには関係しています。
 血圧とは、血液を全身に送るための圧力なので、高すぎても低すぎてもよくありません。体にとって必要な血液が適切に届けられるように調整されるしくみが備わっています。

 体に必要な血液の量は常に一定ではなく、状況によって変わります。筋肉を動かすために多くの酸素と栄養が使われるように、人は活動するときに多くの血液を必要とします。
 極端に比較すると、昼間に起きて活動しているときと夜寝ているときの必要な血液量は異なります。そのため「自律神経」が働いて血圧をコントロールし、送り出す血液量を変化させています。

自律神経の中の「交感神経」「副交感神経」とのかかわり

 昼間は体を活発にするため自立神経の「交感神経」が働いて、血圧を高めにたもつことで多くの血液を送ります。また、夜は「副交感神経」が働いて体を休めるようにして、血圧を低めにたもちます。

 このような交感神経と副交感神経のはたらきによる1日のなかで変化する血圧のことを「血圧日内変動(けつあつにちないへんどう)」といい、健康な人にもあるものです。
 血圧が変化するのは昼と夜だけではなく、食事や入浴、運動や排せつなど日々の活動や、緊張や興奮、怒りなどの感情によっても自律神経がはたらいて血圧は変動します。

 運動するときには筋肉が多くの酸素と栄養を必要とするため、交感神経がはたらいて血圧をあげて血流を多くします。反対に運動を終えると、今度は副交感神経がはたらいて血圧を下げます。

 このように低血圧の人が朝つらいのは、低血圧で血液が送られにくい状態にくわえて、交感神経の働きも活発でない起床後のため、各器官に十分な血液が送られないためです。

※自律神経とは

血管や内臓、腺などの生命維持に重要な機能をコントロールする神経で。ほとんど自分の意志とは関係なく動き、交感神経と副交感神経からなる

血圧と深い関係を持つ【腎臓】

腎臓が血圧に影響しているということはご存知でしょうか?
 腎臓は血圧と深い関係を持つ器官の一つです。腎臓は横隔膜のしたの脊柱の左右にある、長さ12cm・横幅6cm・厚さ3cm・重さが150g程度の豆のような形をした小さな器官です。

 腎臓の働きをわかりやすく説明すると、血液中の老廃物を濾(こ)しとって尿をつくる働きがあります。体外に排出するものを作ることで、体液の量や体液にふくまれる物質の量をコントロールしています。

糸球体というろ過装置

 「糸球体(しきゅうたい)」という毛細血管が糸玉状になった組織が腎臓にはあります。糸球体はフィルターの役割をしていて、腎動脈から入ってきた血液はここでろ過されます。このときに排出されるナトリウムの量をコントロールすることで血液中のナトリウムバランス(血液中のpH値)を取ります。
 また、尿量を調整することで血液量もコントロールしています。

 さらに、「レニン」という酵素を分泌してアンジオテシンという物質を腎臓は作り出します。このアンジオテシンという物質は血管に働きかけて、全身の血管を収縮させる役割をはたします。つまりは、腎臓は血圧上昇とも関係しているということです。

 ですが、糸球体に大量の血液が流れ込むなどして糸球体が傷つけられたり、動脈硬化が起きたりなどすると糸球体の機能が低下してしまいます。そうなると毛球体の細動脈がせまくなるため血流量が低下してしまいます。腎臓は血圧が低下していると誤認して、血圧をあげるためのレニンをさらに分泌します。

 その結果ますます血圧が上昇して、毛球体への負担が増えてしまうという悪循環になってしまいます。これは腎硬化症の症状で、さらに症状が進むと腎不全をおこしてしまいます。そうならないためにも、血圧のコントロールが大切になってきます。

※レニンとは

腎臓で分泌されるたんぱく質の分解酵素です。身体が脱水すると分泌されて特定の物質を返還することで、血管を収縮させたり血液量をふやすなどで血圧を調整します。

腎臓の働きが高血圧をまねいてしまう理由

腎臓は「レニン」という酵素を分泌して血圧低下を防ぎ、血圧を適切にコントロールしています。

<腎臓が正常に機能している場合>
ナトリウムと尿の排出を調整して血圧を下げる。
血圧が下がりすぎるとレニンという酵素を分泌して、アンジオテンシンという物質を作って血圧をあげる調節をする。

ところが・・・
<高血圧が続き、腎臓の動脈に負担が長くかかると>
腎臓内で動脈硬化がおきる。
血圧は高いのに腎臓が血圧の低下と誤認する
血圧を上げようとしてレニンをさらに分泌する
アンジオテンシンが血管を収縮
血圧上昇

まずは自分の血圧ををチェックしてみましょう

正常な数値とは?

 ここまでに血圧のしくみについても説明してきました。ではここから、正常とされている血圧について具体的にどれくらいなのかを説明していきます。

日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン」では、正常な血圧を収縮期血圧で120~129mmHg、拡張期血圧が80~84mmHgとしています。この正常血圧の値は世界保健機構(WHO)や国際高血圧学会(ISH)などの基準値とも同じ数値になっています。

 収縮期血圧が130~139mmHg、拡張期血圧が85~89mmHgは「正常高値血圧」で正常よりもやや高いとされています。この値の人は高血圧予備軍で、この値でも毛細血管の損傷がはじまるという研究結果もあるようで、高血圧だと診断されていないからといえ、決して油断してもいい値ではないのです。

 収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上で高血圧と診断されます。さらに、高血圧は軽症、中等症、重傷の3段階に分けられていて、段階が進むごとに深刻さが増加して行きます。

 これまでとは逆に、収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHg未満を。理想的な血圧という意味の「至適血圧」としています。この状態は正常血圧よりもさらに病気のリスクが低い理想的な状態です。

 また、血圧の低い「低血圧」の場合もあります。低血圧は病気ではなくて、基準値はとくに定められていません。ですが、収縮期血圧が90~100mmHgになると、立ちくらみや倦怠感(けんたいかん)、めまい、頭痛などおこしやすくなるなど、不快な症状が出やすくなります。

※mmHg(ミリメートルエイチジー)とは

 圧力の単位で、1mmの深さの水銀が与える圧力です。760mmHgが1気圧。(101.325kPa)(Pa=N/m^2) 水銀(Hg)が何ミリメートル(mm)変化したかということ。
たとえば130-70の血圧であれば、上の圧力は水銀を130㎜(13㎝)上げる圧力があり、下の血圧は水銀を70㎜(7㎝)上げる圧力があるということです。

成人における血圧値の分類(mmHg)

正常域血圧

分類 収縮期血圧 拡張期血圧
至適血圧 <120かつ <80
正常血圧 120-129かつ/または 80-84
正常高血圧 130-139かつ/または 85-89

高血圧

分類 収縮期血圧 拡張期血圧
Ⅰ度高血圧 140-159かつ/または 90-99
Ⅱ度高血圧 160-179かつ/または 100-109
Ⅲ度高血圧 ≧180かつ/または ≧110
収縮期高血圧
(孤立性)
≧140かつ <90

油断できない「正常高値血圧」

 正常とは書いていますが、正常よりもやや高いとされて高血圧予備軍ともいえます。

病院での血圧と家での血圧の違いとその危険性

 これといった自覚症状がないのが高血圧の特徴の一つで、自分が高血圧であればそれをはやめに自覚して、それ以上に症状がすすまないようにしなければいけません。そこで大切になることが血圧測定です。

そもそも血圧はどこではかるものでしょうか?

 多くの人が参考にするのは健康診断での数値でしょう。つまりそれは医療機関で測定した値です。ですが、家庭用の血圧測定器が普及してきて、自宅で血圧を測定する方もおおくなりました。

 ですが、この家庭で測定した血圧の数値と、医療機関で測定した数値の間に、無視できないほどの差がある結果をだす人が珍しくないということがあります。

 たとえば「白衣高血圧」といわれる状態。これは病院などで血圧測定をする際に、白衣を着た医師や看護師への緊張感から血圧があがってしまうものです。

 こういった白衣高血圧など場合、その時の数値上では高血圧でも普段は血圧が高いわけではないので、通常治療の必要はありません。

 この逆で、医療機関で測定すると正常な範囲の値となるのに、家庭などその他の場所で測定すると高血圧の値になる場合もあります。これは、病院では正常を装っているかのような高血圧なので、「仮面高血圧」とも呼ばれます。

 この仮面高血圧は、夜間から早朝にかけて血圧が高くなる「夜間高血圧」や、早朝に高血圧になる「早朝高血圧」、さらに職場で血圧が高くなる「職場高血圧」があります。

 このような自分の血圧種類がたまたま白衣高血圧や仮面高血圧などの場合、医療機関で計測した数値では普段の血圧がわらないという意味で問題があります。医師が病気を発見したり治療方針を決める根本が違ってしまうのです。

 そのためにも家庭で血圧を測る「血圧自己測定」の必要性があります。高血圧または血圧が高めの人は、血圧の自己測定を朝晩毎日行うことで自分の状態をより正確に知り、正しい治療や予防対策をとることが出来ます。

\ SNSでシェアしよう! /

HEALTH-LIFEの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

HEALTH-LIFEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

takemasa

takemasa

家族が糖尿病治療を行っていることもあり、その改善方法や病気との付き合い方、さまざまな健康について勉強しています。自分が参考にした知識の内容を備忘録のような感じでまとめています。
メールアドレス:kinoko885522☆yahoo.co.jp
なにかあれば☆を@に変えて送信してください。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 糖尿病の診断基準・病気の本質・怖い合併症

  • 爆発的に増えている糖尿病

  • 私が糖尿病になった理由とは

  • 運動で予防する!肥満とインスリン抵抗性を改善させるポイント

関連記事

  • 【腸にきく食物繊維】腸内環境を整えて生活習慣病を改善!

  • 【糖尿病のリスクを高めるサルコペニア肥満】原因と予防法を紹介します。

  • 脳ドックの検査で偶然発見されることがある【脳動脈瘤】高血圧の人は要注意!

  • 【腎臓の病気とは?】腎臓の病気の種類や原因、症状、食事療法を紹介しています。

  • 【激痛をともなう痛風】痛風の原因や症状、尿酸値を改善するポイントを紹介しています。

  • 【生活習慣病の方必見!】症状別、コンビニ食・外食メニューの選びかた