1. TOP
  2. 【糖尿病性神経障害の危険性!】原因や症状、進行のしかたを紹介しています。

【糖尿病性神経障害の危険性!】原因や症状、進行のしかたを紹介しています。

糖尿病 血糖値
この記事は約 6 分で読めます。 9 Views

糖尿病性神経障害は、糖尿病の3大合併症の1つであり、糖尿病性腎症や網膜症にくらべ
早期に出現
します。

糖尿病性神経障害は糖尿病性ニューロパチーともいわれ、四肢のしびれや、自発痛などの感覚障害が
主であり、もっとも高頻度な神経障害のひとつです。

ここでは、糖尿病性神経障害の分類や原因、症状、進行のしかたを紹介しています。

糖尿病性神経障害の分類と原因

糖尿病性神経障害が、糖代謝異常微小循環障害免疫性障害などが複雑にからみあって
生じます。

微小循環とは、末梢にある微小な毛細血管のことで、はたらきとしては次のようなことがあります。
・体のすみずみまで酸素や栄養分をはこびます

新陳代謝を促進します

細胞の機能をたもちます

不要な二酸化炭素や老廃物をとりのぞきます

微小循環障害とは、このような機能がうまく働かなくなってしまうのです。

糖尿尿性神経障害の分類は、3つにわけられます。
多発神経障害(たはつしんけいしょうがい)

単神経障害(たんしんけいしょうがい)

多発性単神経障害(たはつせいたんしんけいしょうがい)
多発性神経障害と単神経障害の混合型です。

原因は2つにわけられます。
多発性神経障害→おもに糖代謝障害が原因です。

単神経障害と多発性単神経障害→おもに微小循環障害が原因です。

つぎは、それぞれの障害部位や症状、特徴をみていきます。

多発神経障害

障害部位

感覚・運動神経自律神経に障害があらわれます。

感覚・運動神経の障害
四肢末端、とくに下肢の感覚障害がつよくあらわれます。

両側対称の手袋、靴下型のしびれ自発痛(なにもしていなくても痛みがある状態です)、知覚低下
(さわられた感覚がにぶります)がみられるようになります。

自立神経の障害
自立神経障害では、さまざまな部位が障害されます。
起立性低血圧…急に身体をおこしたときに血圧が急にさがり、立ちくらみやめまいがおこります。

排尿障害

勃起障害

消化器障害…腸の蠕動運動の低下による便秘や下痢がおこります。

おもな症状

運動麻痺として
・こむら返しなどがおこります。

アキレス腱反射の低下・消失
アキレス腱反射とは、アキレス腱をかるく叩いくと、一瞬おくれて筋肉が自分の意思とは関係なく
収縮する反射ですが、その反射がみられなくなったり、低下したりします。

感覚障害として
・しびれ、痛みなどの異常感覚
・振動覚、温痛覚などの感覚鈍麻
(振動しているものをあてても、あまりかんじなかったり、温かさや痛みの感覚もにぶってきます)

自律神経障害として
・心血管系…起立性低血圧や無痛性心筋の虚血

・消化器系…下痢や便秘

・泌尿・生殖器…排尿障害や勃起障害

無自覚性の低血糖など
無自覚性低血糖が進行すると…

中枢神経の機能低下がおきます。

昏睡(こんすいとは、もっとも重い意識障害です)がおこります。

通常は、昏睡になるまえに、警告症状といって動悸、冷や汗、手指のふるえなどがあらわれます。
しかし、糖尿病自律神経障害のつよい患者では、なんの自覚症状もなく低血糖昏睡におちいることも
あります。

特 徴

しびれ、足の裏の痛みなどを初期症状とすることが多いです

振動覚の低下、アキレス腱反射の低下、消失は比較的早期よりあらわれれます

単神経障害・多発性単神経障害

障害部位

圧迫されやすい部位(手首やひじなど)や神経の栄養血管が閉塞しやすい部位(脳や眼など)に
多く障害がおこります。

おもな症状

脳神経障害として
動眼、外転、滑車(3つとも眼の神経)、顔面神経麻痺などがおこります。
眼球運動障害や複視(ものが二重にみえる)などがおこります。

正中神経・尺骨神経麻痺として
・手根管症候群

・肘部管症候群
神経が圧迫されることで手や指がしびれたり、痛みを感じたりする病気です。
進行すると手の筋肉がやせて、手術が必要となるケースもあります。

糖尿病性筋委縮症(多発腰仙髄神経根障害:たはつようせんずいしんけいこんしょうがい)

やせ型の中高年患者に発症し、下肢近位の筋の萎縮(とくに、ふともも)と筋力の低下がおこる疾患です。
急性にふとももの激痛をともなって発症する場合があります。

特 徴

・糖尿病性動眼神経麻痺では外眼筋麻痺が早期におこり内眼筋麻痺(散瞳)は後期にならなければ
おこりません。
外眼筋麻痺の症状としては、ものが二重にみえたり、まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂(がんけんかすい)
などがおこります。

神経障害のおそろしさ

糖尿病足病変

末梢神経障害が進行すると温痛覚、振動覚、位置覚の低下がおこり、患者に自覚されない下肢の
怪我ややけどが増加します

これに循環障害が易感染症(いかんせんせい)などのさまざまな要因が加わり、潰瘍壊疽(えそ)が形成
されやすくなります。

易感染症とは、免疫機能の低下などによって抵抗力が弱まり、細菌やウイルスなどによる感染症に
かかりやすくなっている状態をいいます。

壊疽とは、少しの足の傷などに細菌が感染し、そこが化膿してしまい、皮膚から皮下組織などの細胞が
死んで腐ってしまう病気です。

治療後神経障害

血糖コントロールの不良な例で急激に高血糖なると、これまでに覚自症状のなかった患者に激しい痛みなどの
症状が出現することがあります

これを治療後神経障害といいます。

糖尿病性神経障害の進行のしかた

糖尿病の慢性合併症には、3大合併症(神経障害、網膜症、腎症)が有名ですが、糖尿病性神経障害は
そのなかでも比較的早期に出現し、かつ頻度もたかい症状です。

つうじょう、高血糖の5~10年以上の持続により、感覚障害や自律神経障害などの症状があらわれて
きます。
ここでは、糖尿病発症からの進行のしかたをみていきたいとおもいます。

【糖尿病発症】
・無症状
・大血管障害のリスク上昇(虚血性心疾患・脳血管障害など)
↓5年~10年
【合併症の出現】
・しびれ出現
糖尿病性神経障害はっしょう

糖尿病性網膜症はっしょう

糖尿病性腎症はっしょう

・自律神経症状
・振動覚、位置覚、温痛覚低下によるけが増加(低温やけどなど)

【合併症の進行】
潰瘍、壊疽(えそ)の形成

糖尿病性神経障害→足壊疽(えそ)

糖尿病性網膜症→失明

糖尿病性腎症→腎不全

糖尿病は、最初は自覚症状があまりみられませんが、だからといって気を付けないと最悪の場合、

足の皮膚から皮下組織などの細胞が死んで腐ってしまい足を切断しなければならない状態に

なることもありえる病気なのです。

その危険性があることを知っていただき、食生活の改善につとめてもらいたいとおもいます。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

HEALTH-LIFEの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

HEALTH-LIFEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hamamoto

hamamoto

医学の大好きなHAMAMOTOです。
病気や健康について、皆さまに分かりやすく紹介していきたいと頑張っています!(^^)!
現在、鍼灸治療院を経営し、皆さまの健康にたずさわっています。
平成13年に整体師として治療院をしつつ、平成16年にアロマコーディネーターの
資格を取得しました。
鍼灸治療院を開業したのは、2016年5月ではございますが、患者さまの治療と
皆さまへの健康にかんする情報発信に頑張っていきたいと思っています!
鍼師免許 第171865号
灸師免許 第171571号
ウェブサイトURL:http://health-life.tokyo/
メールアドレス:koume3086@gmail.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 男性不妊治療の種類と方法について…

  • 男性不妊は以外と多い?(その3 男性不妊の検査について)

  • 男性不妊は以外と多い?(その2 男性不妊の原因のトップ4)

  • 男性不妊は以外と多い?(その1 男性不妊の原因とその種類)

関連記事

  • 私が糖尿病になった理由とは

  • 【糖尿病の基礎知識】4つの種類とその症状・治療の基本とは

  • 食べ物をつかった血糖値養生の知恵袋

  • 【糖尿病は太い人とは限らない】やせている人が多い理由とは

  • 【腎臓の病気とは?】腎臓の病気の種類や原因、症状、食事療法を紹介しています。

  • 【死の四重奏・生活習慣病】将来的に命に関わる病気は「メタボリックシンドローム」が引き起こす!